ドメインとは?

ドメインとは?

元来、インターネット上の「住所」とはIPアドレス(例:204.202.9.112)と呼ばれる数字を羅列したものでした。 しかし、これでは覚えにくいという事情に より、IPアドレスを言葉で、 つまりドメイン名(=ドメイン)にて表すようになったのです。 より使いやすく、また覚えやすくなったと思いませんか?

IPアドレスで表記する場合
http://204.202.9.112
--------------------------------
ドメイン名で表記する場合
http://www.officepartner.ne.jp/


ドメイン名はどこで使われているのでしょう?

インターネットが一般に普及しつつある今、日常生活の中でも頻繁にドメイン名は登場します。 ホームページのアドレスや電子メールのアドレスの一部―― http://www. に続く部分であったり、 メールアドレスの@マーク以降がそれです。


(1)www.○○○○.com
上記のURLの「www.」部分は「Webサーバー」を表現し、「○○○○」部分はドメイン名と呼ばれます。 これらは「○○○○.com の Webサーバー」であることを意味し、 ホームページの所在を示します。


(2)tanaka@◇◇◇◇.co.jp
上記のメールアドレスの「.co.jp」は法人であることを示す属性(通常JPドメイン参照)であり、 ◇◇◇◇社 の「tanaka」さんのメールアドレスであることを意味します。 つまり、個人が使うプロバイダのメールアドレスではなく、 企業の独自ドメインを用いたメールアドレスであるということとなります。


ドメインに使える文字

数字の羅列であったIPアドレスがドメイン名にて表記されるようになったことは説明しましたが、 では実際ドメイン名とはどのようなものなのでしょう?


ドメイン名とは個人・企業名や単語、または言葉や数字の組み合わせによって成り立ちます。 使える文字としては、ローマ字のアルファベット(A〜Z)、数字(0〜9)そしてハイフン(ー)といった「半角英数字」が挙げられます。 ハイフンを使う場合は、必ず文字もしくは数字で挟まれるようにする必要があります(下記参照)。


良い例)abcdefg-hijk.com 悪い例)abcde-.com-abcde.com


最近では漢字やカタカナ、そしてひらがなを用いた「日本語.com」や「汎用.jp」が登場し日本語でも ドメイン名を登録出来るようになりました。しかし、日本語を用いたドメイン名の実用化はまだ予定 されておらず、今の段階ではウェブ運営などで利用することは出来ません。それ故に、今後の実用化 を見越し、今はドメインを取得するだけとなっています。アルファベットの場合、半角である以上、大文字も小文字も同じ扱いとなります。


どちらも同一のドメインです→ abcdf.com = ABCDE.com


例えば、risaashida.comだと小文字ばかりで読みにくいドメインも、RisaAshida.comとすると 大文字と小文字の組み合わせにするとPR度がアップします。どちらも同じドメインを示すので何も影響はありません。


ドメイン名は世界でただ一つ存在するインターネット上のアドレスです。よく同姓同名の人や 全く同じ企業名を見かけることがありますが、インターネットの世界には同一のドメイン名は 存在しません。たった1つのドメイン名であるからこそ取得する意味があり、そして利用効果も あるのです。誰でも簡単にドメイン名を取得することが出来る今、ドメイン名の争奪戦は激化 しつつあります。早く取得しなしと誰かに先に取得されてしまう―そう、ドメイン取得は早い者 勝ちなのです。もし希望するドメイン名がある場合、一刻も早くお申込みすることをお勧め します。


ドメイン取得のメリット

インターネットへ接続する為に使うプロバイダ(例:Ni○tyやSo-○et)で メールアドレスを登録しようとしたら気に入ったハンドル名が既に使われていたり、 またメールアドレスの@以下の箇所やホームページのURL(アドレス) が長くて覚えにくかったりしたことはありませんか?


また、会社で与えられるメールアドレスをプライベートで使ったり、 プロバイダのメールアドレスやホームページURLを企業として利用するのに物足りなく思っていませんか?


そんな悩みをお抱えの方にドメインは最適なソリューションと言えます。 ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。お好きな言葉やフレーズ、 または個人名や企業名をドメインとして登録することで、 より覚えやすいメールアドレスやホームページのURLを利用することが出来ます。 例えば、プロバイダに割り当てられたホームページのURLもドメインを使うと、このように短く覚えやすいものとなります。


「田中 一郎の場合」
(ドメイン取得前) www.providername.ne.jp/member/KeyakiStreet/Milk/ichirotanaka/

(ドメイン取得後) www.i-tanaka.com


より個性的で印象深いURLでしょう? このように自分らしさをアピールしたドメイン名を利用することでホームページの印象も随分と違ってきます。 また独自ドメインのホームページを持つということはより確立されたサイト・イメージを演出し、 ネット上の存在感をより高めます。つまり、ドメインは「Webサイトの顔=サイトとしてのブランド」となるのです。 また、ドメインさえ取得してしまえば、メールアドレスの重要な部分であるハンドル名を自由に選ぶことが出来ます。


(ドメイン取得前) ichiro75@providername.ne.jp

(ドメイン取得後) ichiro@i-tanaka.com  や webmaster@i-tanaka.com  など


一旦、取得したドメインは契約を更新することで半永久的に有効です。 それは同時に、プロバイダに縛られない自由なインターネット・ライフを意味します。 メールアドレスやホームページURLを変更するのが嫌でプロバイダを移転 することを躊躇された方には吉報です。 ドメインを取得してしまえば、プロバイダを移転する度にメールアドレス変更の通知を送ったり、 ホームページのコンテ ンツを移す必要はありません。つまり、契約プロバイダに影響されずに自分のメールアドレス、 そしてホームページURLを維持することが出来るのです。


あなたもドメインを取り入れ、よりステップアップしたインターネット・ライフ を楽しんでみませんか?

www.
※ご注意:このサイトでのドメイン検索結果でドメイン申請可能と表示されたとしても、これはドメインの登録が完全に保証されるものではありません。